三菱地所

三菱地所
Services
コンテンツ
メディア
ビデオ

カスタムメディアは、日本第2の不動産開発業者である三菱地所株式会社から、丸の内エリアを「東京の中心部」として位置づけるプロモーションを作成するよう依頼されました。

三菱地所は1937年に設立され、不動産開発、資産管理、建築研究、設計サービスを提供しています。現在の再開発プロジェクトの一つに、東京都心の丸の内ビジネス街があります。

一般的に丸の内は都心の金融・法定地区と見なされていますが、この認識を変えるための動きが進んでいます。三菱地所は、丸の内を人々が働き、休息し、遊ぶ、よりダイナミックなビジネスとライフスタイルの中心として強調すると同時に、特に外資系企業やベンチャー企業といったテクノロジー業界にとって魅力的なハブとしてもプロモーションしていきたいと考えていました。

それには、適切なタイミングで適切な場所のしかるべき人々にメッセージを伝える戦略を立てることのできる、カスタムメディアが必要でした。金融、テクノロジー、および法律業界の経営幹部に伝達することが特に重要でした。

通信および情報チャネルの細分化使用のため、このターゲット市場にリーチし、影響を与えることは困難です。カスタムメディアは、統合されたアプローチを採用し、記事広告、オンラインバナー広告、ビデオ、ソーシャルメディア、雑誌記事を通じて、三菱地所のメッセージをオンラインおよび印刷物で拡散しました。当社は、企業幹部がどのように情報を消化し、メディアと関わり合うかに焦点を当てました。

この戦略は、ウェブサイト、ニュースレター、ソーシャルメディア、印刷物にまたがるマルチチャネル配信と連動し、情報提供と教育を目的としたコンテンツマーケティングアプローチに基づいていました。カスタムメディアは、在日米国商工会議所(ACCJ)、在日英国商工会議所(BCCJ)、および東京アメリカンクラブ(TAC)の通信チャネルを使用し、Business in Japan TVBIJ.TV)にビデオを配置しました。

さらにカスタムメディアは、LinkedInFacebookTwitterなどのターゲットユーザーが使用するさまざまなソーシャルメディアチャネル上でキャンペーンを推進しました。印刷広告は企業幹部が購読する主要雑誌に掲載され、バナーはACCJおよびTACのウェブサイトで確認できるようになりました。

キャンペーン要素

コンテンツ作成

  • 記事広告
  • ビデオ
  • バナー広告

配信

結果

カスタムメディアの統合戦略により、三菱地所はターゲットオーディエンス[MA1] に首尾よくリーチでき、多様なビジネス地区としての丸の内を宣伝するためのメッセージを届けました。

ご連絡ください

一緒に働きましょう!

Close window