エグゼクティブ・ファイト・ナイトVII

エグゼクティブ・ファイト・ナイトVII
サービス
キャンペーン
デザイン
メディア
ウェブサイト

年間恒例イベントであるエグゼクティブ・ファイト・ナイト(以下、EFN)には毎年多くの観客にお越し頂いております。そして、メディアパートナーを務めるカスタムメディアにとってはその期待に応えるだけでなく、さらに上回ることが重要でした。準備段階ではイベントのブランディング、コミュニケーション、マーケティングを担い、当日は観客を迎え入れ、登録や応対等を行いました。

キャンペーンの目的

当社はEFN VII の公式プロダクション・メディアパートナーとして選ばれ、認定NPO法人シャイン・オン!キッズが取り組むファシリティドッグプログラムの認知度を高め、寄付金を募るチャリティイベントに協力しました。このプログラムでは、日本初のこども病院に常勤する動物介在療法を通じて、子供の医療と治療への新たなアプローチを導入し、より良い結果を出せるよう改善に取り組んでいます。

カスタムメディアが手掛けた全てが完璧に調和し、ビジュアル面と技術的な要素がこのイベントの成功の後押しとなりました。協力のおかげで、一晩で140万円以上の寄付を集めることができました。
ジョイ・ファハルド氏
EFNディレクター
シャイン・オン!キッズ

戦略

時間的に厳しい制約がある中、さまざまな要素を高い水準で立案、開発、実行する必要がありました。ビジュアル面では、ファイターとチャリティに等しくスポットライトを当てる必要がありました。また、できるだけ多くのスポンサーを募ることができるウェブサイトと、観客がイベント当日に賭けて寄付できる使用しやすいツールも必要でした。

要素/成果物

印刷物

マーケティング資料

EFNの洗練、統一されたイメージを提供するウェブサイトを起点に、統一されたスタイルかつインパクトのあるさまざまな印刷素材を作成しました。

ファイター応援旗

前年のデザインを引継ぎ、各ファイターの名前をより際立たせ、出身国を追加しました。基本色の赤と青は、ウェブサイトとソーシャルメディアでも使用しました。印象的で分かりやすい旗がロビーに展示され、試合前にファイターの簡単な紹介が行われました。

印刷プログラム

ブランド強化のために、他の素材でも使用している基本色を用いたバイリンガルのプログラムを作成しました。ファイター達の逞しい写真を表紙とページ中心に採用し、読みやすく表記された名前、情報、子供たちへのメッセージと共に掲載しました。スポンサーのロゴは、過去数年よりも目立つ場所に記載されました。

折込みチラシ

EFNの試合を後援し、子供たちを支援したい全ての企業に対応するために、印刷時間は最短に、貢献する機会を最大化できる折込みチラシ方式を採用し、できる限りの柔軟に対応しました。

レセプション用ポスター

ファイター、子供、犬を写した多くのモノクロ画像を組み合わて使用し、チャリティとファイターの道のりを結び付けるストーリーに仕上がったポスターを作成しました。これらは、受付エリアで展示され、臨場感をもったイベントの雰囲気を作り出しました。

雑誌広告

これらのテーマとスタイルは、在日英国商業会議所機関誌のBCCJ ACUMENと在日米国商工会議所の機関誌ACCJジャーナル内でも宣伝され、闘病する子供たちの生活を変えることができるというEFNメッセージが掲載されました。

オンライン

ウェブサイト
  • 当社ウェブチームが作成した新しいロゴを含む、ウェブサイトのブランドリニューアル
  • 豪華さ、力強さ、アドレナリンの感覚を醸し出すダイナミックなウェブサイト
  • モバイルフレンドリーではなかった既存のウェブサイトを、多くのユーザーが使用するiPhoneからもアクセスを可能にするプラットフォームの最適化
チェックインアプリ
  • 観客の受付に使用
  • 内部メッセージングシステムを構築し、問題発生時にウェブチームが本部からの応答が可能
  • インストールを必要としないアプリスタイルのウェブサイトを設計
ベッティングゲーム
  • 前年使用されたアプリは、観客がダウンロード・手動更新が必要。支払いシステムが複雑で、アプリがダウンする可能性あり
  • 当社ウェブチームが実際のアプリに代わる、携帯電話へのインストールが不要な使いやすいウェブサイトを作成
  • アプリではなくウェブサイトであるため、最小限の労力でリアルタイムにすばやく更新が可能
  • サイトの骨組みに5日、デザインに3日、最後の仕上げは2日間と、わずか2週間で完成
  • ウェブチームが当日のベッティングの開始と終了を担当

成果

納品は全てスケジュール通りに完了し、ベッティングゲームのライブテストは大成功しました。多くの観客が参加し、イベントへの支援金は200万円を超えました。イベント当日、ウェブサイトは500を超えるサイト訪問を処理し、45分で400人のチェックインを行いました。

ご連絡ください

一緒に働きましょう!

Close window