マレーシア航空

マレーシア航空
サービス
コンテンツ
デザイン
ソーシャルメディア
ビデオ

日本のソーシャルメディアにおいて、マレーシア航空はほとんど馴染みのないものでした。5つのターゲット層に及ぶ既存の顧客との関係を深めつつ、新規顧客へのアプローチを目指していました。

戦略

カスタムメディアは、マレーシア航空の日本版フェイスブックページを開設し、関心を引くコンテンツの作成、日々の更新とコメントやダイレクトメッセージの管理、さまざまなファン獲得キャンペーンを展開しました。

毎年開催されるJATAフェアでは、来場者も参加できるインタラクティブなコンテストを開催することで、認知度を高め、SNSで話題にのぼっています。

カスタムメディアは、単に日本市場におけるマレーシア航空のソーシャルメディア運営を担うエージェンシーであるだけではなく、SNSを通してグローバルに展開するブランディングやマーケティングプランの戦略的な足場を築く上で、大きな役割を果たしています。SNSを活用したマーケティング競争が増す中、日本進出に遅れは取りましたが、カスタムメディアとパートナーシップを組むことで日本でも大きなビジネスインパクトを得ることができました。
デレック・タン様
アジア、ソーシャルメディア、エグゼクティブ・ディレクター
IPGメディアブランズ

結果

マレーシア航空の日本版フェイスブックページは、2012年の開設以来300%にまで成長し、同社の他国のページと比較して最もアクティブなファンの基盤を築くことができました。

2015年の父の日には、成田空港で「愛のトークン」キャンペーンを開催。ご搭乗のお客様からの感動的なメッセージが集まりました。

BIJ.TVでは、マレーシア航空にご搭乗のお客様が事前に美味しい機内食を予約できる、「シェフ・オン・コール」を取り上げました。

ご連絡ください

一緒に働きましょう!

Close window